外国語学部英米語学科
img
英語による実践的なコミュニケーション能力の修得とその能力の基盤となる言語的・文化的背景の理解――。これが、英米語学科の基本的な教育目標です。さらに、グローバル社会の進展を見据え、複言語能力(英語+日本語+中国語)と国際教養(諸外国の文化・社会・ビジネスに関する基礎知識)の涵養もめざします。これらの目標を達成するため、英米語学科では、グローバル・スタディーズ専攻(GSM)と英米語専攻(ELM)という2専攻を設け、学生それぞれの将来の希望や資質を踏まえた高度な専門教育を提供し、卒業後の進路の実現をめざします。

img
多言語能力と国際教養を身につけ、日本と世界を繋ぐ人材をめざす

◆在学中に身につけた多言語能力(英語+中国語)と諸外国に対する理解を駆使して、日本と世界をつなぐ商社やメーカーなどでグローバルに活躍。
◆語学力と国際教養を活かして、国際協力に関する公的機関・NGOや企業の海外事業所などで活躍。

img
高い英語運用能力を身につけ、英語を武器に活躍できる人材をめざす

◆高度な英語力を身につけ、国内外の企業で活躍。中学
校又は高等学校の英語科教員、大学院進学も選択肢。
◆高い英語運用能力を活かして、民間企業や通訳者、翻訳家、編集者など幅広い分野で活躍。

img
img
英米語学科は、グローバル・スタディーズ専攻(GSM)と英米語専攻(ELM)に分かれており、GSMでは実践的英語力とビジネス思考を身につけ、グローバル社会で活躍できる人材を育成します。ELMでは高度な英語運用能力と異文化に関する知識を身につけ、国内外の民間企業で活躍できる人材の育成、中学校、高等学校の英語科教員養成をめざします。

img
教員と学生の距離を近づけてきめ細やかな指導を行う少人数教育を重視。1年次の「フレッシュパーソンセナー」、2年次の「課題探求セミナー」、3年次の「専門領域研究講座」、4年次の「卒業研究」と4年間一貫の必修ゼミによる少人数指導で、学生の成長を強力にバックアップ。

img
英語力が必須となる未来社会を見据え、グローバル・スタディーズ専攻及び英米語専攻とも、3年次進級時に英検準1級程度の英語力※が求められます。レベル別の実践的授業を必修科目として用意しているため、高い成果をあげることができます。
※TOEFL(iBT)®、TOEIC®、その他スコアを参考にする場合があります。

img
企業の第一線で働く社会人による講演会、人気業種へ就職した卒業生との懇談会や相談会、マナー講座やメイク講習会など、就職に直結した学科独自の就職支援活動を行っています。

HOMEへもどる